jalを使って家族旅行について

jalを使って家族旅行をしよう家族旅行をするときには、人数が多いので車で移動しようと考える人もいますが、限られた時間で遠距離を移動するにはやはり飛行機を利用するのが便利です。

そんな時幼児が含まれていた場合は、お金がかかるのでしょうか。またその費用は子供料金があるのでしょうか。ここではそんなjalを利用して家族旅行を行いたい時の航空運賃について紹介していきます。

幼児って何歳から何歳まで?

まず幼児料金を知るためには、幼児の定義を知らなければいけません。幼児といわれるのは、生後8日以上から満3歳未満の子どもをいいます。この期間は、一般的に乳児と呼ばれる赤ちゃんともう歩き始めた幼児が含まれますね。

もちろんねんねの時期の赤ちゃんは、一緒に同行する大人によって抱っこで乗るかもしれません。反対に自我の芽生えた幼児は、もう一人で座りたいというかもしれませんね。

幼児と呼ばれる年齢は幅広く小児の発達の大きく異なるので、その違いによって座席をとるのか、とらないのか検討しなくてはいけません。

もしも座席を使用しない場合はどうなるの?

満3歳未満の幼児が座席を使用する場合には、小児と同じ運賃を支払う必要があります。また2歳未満の幼児はチャイルドシートを使用する必要があります。ただし、座席を使用しない場合には、大人1名につき幼児1名が無料で利用することができるのです。

つまりお膝にだっこでよいという状態になります。この際には、ママがしっかりシートベルトを着用して、幼児をしっかりと抱っこするという姿勢が基本。着陸や離陸で一人で不安定で泣いてしまう可能性のある幼児は、この抱っこをする方法を利用すると良いでしょう。

幼児でもjalは利用しやすい

家族旅行で小さな子供がいると、泣いたりしないか?きちんと飛行中座っていられるかという不安があります。しかしながら、日本国内であればどんなに遠くても2時間~3時間で目的地に到着しますよね。そのためやはり長距離移動にはjalを利用するのが良い方法です。

jal 国内 予約

関連記事:

飛行機チケット 安くTOP